FC2ブログ

K邸 母屋改修工事 

先日ご紹介した、新住協の講演での改修はグラスウールを使った改修工事ですが、こちらK邸の母屋の断熱改修工事ではグラスウールとは違った断熱工法を試みています。


新住協のお膝元、北海道や東北なら断熱・気密に熱心な地場の工務店も多く、ポイントさえつかめば十分すぎるほどの断熱・気密の処理が期待できるでしょう。

でもこの辺では、高断熱・高気密は新築でさえ簡単には施工してもらえません。
ましてや改修工事では、解体してみて初めて現れてくる箇所もたくさんありますし、どの部分にどういった処理が必要になってくるか、その都度判断する必要も出てきます。

私自身、通気止め用の圧縮グラスウールの実物は先日の講習会で初めて目にした始末、、、、
(話には聞いてたけど、製品化されるまではこの辺じゃあ無理だろうと思っていました、、、これからは使えそう!)


今回のK邸 母屋の改修工事にあたって考えたのが、アイセルンというウレタンの吹付け断熱材を使って、断熱と気密を一気に処理する方法。
断熱工法
図面が小さく分かりづらいですが、天井と床の赤い線の部分に断熱材を吹き付け、天井と床の断熱・気密、そして床下から壁、壁から天井裏への気流止めも一気に片を付けてやろうという方法。

このアイセルンの吹付けは(株)アイワンズという専門業者の責任施工。
慣れない改修工事で、大工さんの中途半端なグラスウールよりも、こちらの方が確かかと思って今回採用してみました。


こちらが解体の様子・・・・余野の家改修工事に比べれば些細な解体工事、、、
解体


北側になりますが、大きな開口をとりたく、柱を撤去した部分には梁の補強を入れてあります。
開口部



いよいよアイセルンの吹付け開始 専用の車に材料とホースをセット。
アイワンズ1 アイワンズ2

今回、結構床下の空間があったため、床の断熱材は床下から施工することができました。
(まあ大変ではありますが、、、、、)
アイワンズ3



こちらが天井裏
天井1 天井2


こちらはリビングの天井
リビング1 リビング2


確かに吹き付けた部分での気密はきっちり確保できそうですね!
ただ、やはり難しい改修工事、吹付けだけでは対処できない部分も多々出て来ています。
その辺はこの後グラスウール等を使って仕舞を付けて行きたいと思っています。






スポンサーサイト



↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2010/09/16 09:12 ] K邸 母屋改修 | TB(0) | CM(0)

K邸 離れ改修工事 

昨日から工事の始まったK邸の離れの改修工事。
既存の床の撤去が終わった今日、現地に確認に行ってきました。

全体

和室
K邸離れは母屋の改修に先立ち、一時的に住むために、離れの納屋の一部を暮しやすく改修したいとのご要望でした。

「納屋」といっても、以前に住むことの出来る様に改修はされていたのですが、床下が土のままで湿気がひどく、また断熱材などの寒さ対策もなかったため、冬の寒さの厳しい湯原では高齢者の生活にはきびしい状況でした。

土間の湿気をなくし、寒さ対策を施すのがこの工事の大きな目的。



工事の内容は
 ・湿気対策として、既存の床を撤去し、防湿シートを敷き込んだ上に押えのコンクリートを打設。
 ・床の断熱は、新たに造り直す床に十分な量の断熱材を施工する。
 ・壁の断熱は、既存の壁が土壁で内部に断熱材を充填できないため、空気層を確保した上で熱反射シートを施工。
 ・天井も既存の天井材の上に熱反射シートを張る予定。


土台
床の撤去が終わったので、既存の土台に傷みがないかどうか確認が出来ました。

改修されていない部分の納屋の土台に傷みや蟻害がなかったので、この部分も大丈夫だろうと予想はしていましたが、実際に確認するまでは心配なもの。

この日の確認で安心して先の工事が進められます。 (^_^ )



K邸離れの改修工事のお話があったのは昨年の10月のこと。
雪の心配が無くなってから工事にかかる予定でしたが、この間におまけがつくことになりました。

そう! 住宅板エコポイント!!

新築工事のエコポイントは結構ややこしそうですが、リフォームの場合は簡単そう!

当初予定の内窓施工と、サッシの改修で 46,000ポイント
床の断熱材で 50,000ポイント
    計 96,0000ポイント


を予定しています(⌒_⌒)


PS.
昨日10.03.05になって、ようやく申請窓口が発表になりました。どうやら瑕疵担保保険を扱う事業所が窓口ななった様子・・・・・じゃあ、申請費用がいるのかな? (・・,)


↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2010/03/06 11:59 ] K邸 離れ改修 | TB(0) | CM(0)

電化住宅建築作品コンペ 入賞!! 

コンペ

中国電力が毎年開催している電化住宅の作品コンテストで、今回、余野の家の改修工事がリフォーム部門の優勝賞に選ばれました!!

概要はこちら(まだ作品の中身はアップされていませんが、、、、)

あばあちゃんのためのプランニングや、神社の鳥居の脇に佇む風情が評価されたようです。



さらに、中国電力より連絡があり、何でも、社内向けにリフォームを紹介するビデオを造りたいので、この余野の家を取材し、ビデオに撮りたいとのこと。

施主さんに連絡を取り、快く応じて頂いたので、先日現地で取材と撮影が行われました。
撮影
地元ケーブルテレビ、真庭いきいきテレビや、その前身の久世ケーブルテレビの取材なんかは一人のカメラマンがカメラ片手にインタビュー、、、、って感じだったので、そんなもんだろうと気軽に構えていたのですが、、、

来たのは総勢6人のメンバー!!
インタビュアーは中国電力の広報担当の女性でしたが、ディレクター+3人のカメラマンという本格的な撮影班!(後一人は津山支店の担当者)


社内向けのビデオということで、最初社員向けのメッセージを撮るからと、鳥居の横で撮影しているのですが、、、、長い!!
(どうやら、インタビュアーの女性が初めてということで、何度も台詞を間違えていたような、、、)


建物探訪みたいに、玄関明けておばあちゃんに迎えてもらう手はずを整えたり、、、、、
このあたり定番ですね!よく見るパターンに仕上がるんだろうなあ。


部屋の中でのインタビューも、それぞれの位置を確認し、ライトを当てて明るくし、、、
内部1 内部2

おばあちゃんにも、炬燵でのインタビューの後、縁側に座ってもらったり、奥の部屋に引っ込んでもらったり、、、
「こんなこと初めて! なにしゃべっていいのやら!」って云いながら、明るいおばあちゃんのこと、気さくに色々なお話を頂きました。

ありがとうございました!!


ビデオが出来たらご紹介したいけど、、、、、この手のやつはさせてくれないだろうなあ、、、、


(PS.ほんとは最優秀を狙ってたのに!!!)




↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2010/02/28 10:52 ] 余野の家 | TB(0) | CM(0)

余野の家 完成写真 

年末から正月明けにかけての慌ただしい仕事にやっと一区切り、、、ふう・・・・
サボっていたこのブログもやっと更新できそうです。

まずは、年末に完成した余野の家の改修工事の竣工写真のご紹介。

この工事のお話があったのは一昨年の秋。ざっとプランを考え、工務店に概算見積を依頼したところ大幅の予算オーバー・・・!
しばらく中断し、昨年の夏ごろに別の工務店で計画を検討してもらい、当初の予算も見直して頂き、ようやく工事に入ることができました。

もとの家はこんな状態・・・・・
工事前遠景 工事前南西

おばあちゃんがお一人で住むためのすまい。上がれない2階は不要。
でも2階を取っ払うための費用をみるくらいなら、いっそ新築した方が、、、、、、
そんな葛藤だらけの計画でしたが、、、出来上がってみれば、このとおり!!
南西

遠景

いたってシンプルな造りですが、銀グロのガルバリウム鋼板に玄関の杉板がマッチした端正な佇まいが周囲の風景にとけ込む、いい感じのすまいに仕上りました。

リビング

「おばあちゃんのためのすまい」・・・これが今回の改修のテーマ
おばあちゃんの「居場所」をどう計画するか、、、、が、大きなポイント!

前のすまいは玄関を入ると広い土間があり、茶の間への上がり縁がおばあちゃんの休息場所になっていました。
生活の中でちょっと腰をかけ一休み。
お客さんがくれば一緒に座って、お茶をどうぞ、、、、

縁側2 縁側1

そんな場所を、日当りのいい南のポーチに面した一角に小さな「縁側」としてこしらえました。
部屋での生活の一休みスペース。
暖かい時期は、ポーチ側から腰掛けたお客さんとのおしゃべりに
寒い季節は玄関に入ってもらい、玄関側からでも腰掛けられます。

玄関1 玄関2
玄関とはアコーディオンカーテンと、古い建具を改修した扉で仕切ります。
古い柱や梁はほとんど残りませんでしたが、内部の建具はほとんどの物を古い建具を改修して使っています。
目に見えるところに「記憶」があることで、過去の思い出も大切に残せるのではないでしょうか。
(・・・予算がなかっただけだろ\(- -;)!! )



2階の解体から古い柱や梁の補修まで、丁寧にやって頂いた大工さん!
ありがとうございました!!
いろいろな苦労も、おばあちゃんのこの笑顔をみれば吹き飛びますよ!
おばあちゃん

この家に戻って、さっそくこの縁側を気に入って頂いたとか!!(やったね!  (⌒_⌒)  )

↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2010/01/10 12:51 ] 余野の家 | TB(0) | CM(0)

再生の進む余野の家 

再生工事に取りかかってから急ピッチで進む余野の家。

全景

長かった解体工事ですが、いざ再生が始まると、後は新築の場合と同じペースで工事が進みます。
この日で屋根が葺き上がり、これから本格的な内部造作に取りかかって行きます。

内部1

内部2


この写真の数日後、大阪よりお施主さんが帰省され、現場を見て頂きました。
前に戻られた時は、ほぼ解体工事が終わったころ、、、、、
昔の面影の何もない・・・はっきり云って・・・残骸!状態・・・

かなり心配されていましたが、この 『再生!』 の状況をご覧になり、心配も吹き飛んだご様子。
安心頂き、こちらとしてもホッとした次第です。

色決め

外壁はいつものローコストガルバの予定でしたが、壁と屋根のガルバリウム鋼板の色決めの時に、参考にとご覧に入れた台公民館の外壁の杉板を気に入って頂き、玄関脇の壁だけは杉板に変更となりました。

この日ついでに色見本をお見せして杉板の色を決定しました。
(もっとも色塗りは、いつもの常套手段・・施主塗装!・・・・なのですが (・・,) )


次にお見えになるのは、ほとんど出来上がっている頃?

慌ただしかった、H邸-ゲストハウスの実施設計も一段落し、D-HOUSEの進行状況共々、出来るだけこのブログでご紹介して行きたいと思っています。

↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2009/11/12 10:23 ] 余野の家 | TB(0) | CM(0)
ご挨拶

ofctani

Author:ofctani
谷岡建築設計事務所のお気軽ブログです。
設計事務所のハレの場のホームページに対し、こちらは舞台裏。
日々の設計作業の裏方をつれづれにご紹介しています。

お知らせ
ニュースレター
谷岡建築設計事務所のニュースレターを発行しています。
見学会のご案内、すまいづくりのノウハウを不定期(無料)でお知らせします。
ホームページの専用フォームからお申し込みください。


お勧め! [保存板] ページ
 手洗い鉢
 フローリングの塗装
 すまいのリフォーム
 断水・停電時のトイレ
人間を好きになる素敵な言葉

presented by 地球の名言

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
04  03  01  07  03  01  11  08  06  04  03  01  03  01  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
FC2カウンター

★★すまい専用★★
↓↓↓キーワード検索↓↓↓

カスタム検索


無垢のフローリング お勧め仕上材

小川耕太郎∞百合子社
未晒し蜜蝋ワックス




フローリングのメンテ用品ご紹介

簡単!水で薄めて雑巾掛け

オスモウォッシュ&ケアー




しつこい汚れには

オスモワックスクリーナー





お勧め手洗い鉢

ブログでも度々ご紹介している手洗い鉢
まだまだ色々な種類があります!





送料¥0が嬉しい!





楽天おすすめ情報







ピザにお勧め モッツアレラチーズ
グルメミート



津山・真庭・美作のニュース

津山市のことなら津山瓦版






(  ^ ^)/~~~       

お帰りはこちらから
(BLOG公式出口)

―ブログ村の仲間たち―

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ