スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Y-HOUSE見学会 TV放送 

2月21日・22日に開いた、Y-HOUSE<薪ストーブと自然素材の家>完成見学会の様子を、地元ケーブルテレビ<真庭いきいきテレビ(MIT)>に取材して頂き、24日に市内の南部地域で放映されました。

市内南部地域のみの放映だったので、MITの了解を得て、皆様にもご紹介しておきます。


美作産の木の普及を図る、「美作木の家推進ネットワーク」の取組みとしての取材なので、事務所名などは出てきませんが、私も姿だけは登場させて頂いていました。
「木の家だから暖かい、、、」とか、「?」の部分はありますが、こちらの説明不足ということにしておきましょう!

MIT(真庭いきいきテレビ)は、市が合併する前に久世地域で取材・配信されていたKHK(久世ケーブルテレビ)が、合併とともに市内全域に広がったもの。
ローカルでやっていたKHK時代程ではないですが、学校行事や地域行事で我が子も結構登場させて頂いています。
(MITって、ちょっとカッコ良すぎ?、、、普通はマサチューセッツ工科大学・・・ですよね!)
放送のブログへの掲載も快く(?)ご了解頂き、さすが地元ケーブルテレビ!!

リビング 和室

ストーブ ストーブ2
曇り空が続くので室内の完成写真を先行。
このときだけ登場するCONTAX G1+Biogon2.8/21にて

見学会が終わり、一段落・・・・とはいかず!、週末にはお施主さんとのビッグ・イベント→フローリングの塗装が待っています。

杉の無垢のフローリングですから塗装が必要ですが、私の設計ではたいていの場合、これは施主工事。
木の家はメンテナンスが大切ですが、全てを業者任せで引渡されると後のメンテナンスがさっぱり分からない、、、なんてことにもなりかねません。
床ぐらい自分で塗ってみることで、木との付き合い方も分かるんじゃあないでしょか。(\(- -;)  予算が無かったって、はっきり云えよ!)





スポンサーサイト
↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2009/02/26 07:30 ] オープンハウス | TB(0) | CM(0)

見学会報告 

リビング

Y-HOUSE
<薪ストーブと自然素材の家>

見学会に、二日間で50組以上、延べ100人を超える皆様にお越しいただきました。

ありがとうございました!
m(_ _)m




会場のY-HOUSEはもちろん、当日用意していた資料や、過去に私どもの設計した住宅のパネルも熱心にご覧頂く方もおられ、有り難かったです。
会場風景1 会場風景3


会場風景2今回のY-HOUSEは、構造材から仕上材、建具や家具に至るまで、地元美作の杉をふんだんに使っています。

おかげで、木の国美作ネットワークの関係から、真庭いきいきテレビ(MIT)の取材もして頂きました。
(放送が楽しみです(^_^))


皆さんまず最初のお言葉が、
「木の香りがいいですね!」

ふんだんに使っている杉の木と、よけいな匂いを吸着してくれるシラス壁や天井のモイスの相乗効果でしょうか!

特に主婦の方に大好評だったのが、杉の柾目板を張ったオリジナルキッチン。
キッチン1 キッチン2
白い人造大理石&モザイクタイルの壁と、少し濃いめの杉柾パネルのコントラストが決まりました。
右のが家電収納用の家具。電子レンジや炊飯ジャー、オーブントースターの寸法に合わせています。

ユーティリティ-1 ユーティリティ-2
キッチンに続くユーティリティー。
靴の洗えるカウンターシンクと洗濯機を置き、奥の方は食品や普段使わない食器を仕舞っておく棚を設けています。

風呂1 洗面所
洗面所とガラスで仕切られた、ハーフユニット・桧張りの浴室。
一般の人の意見はさまざま!

肯定意見・・・「気持ち良さそう!」「カッコイイ!!」「素敵!あこがれる!」
否定意見・・・「水廻りに木をつかうなんて!」「大丈夫ですか?」「メンテナンスが大変でしょう!」

香りは最高!(メンテは大変!)
薪ストーブもしかり!
いいところを楽しむ心のゆとりが必要ですね(⌒_⌒)

風呂納まりとはいえ、ご心配で仕方ない方へ。

桧の壁の裏まで乾燥させやすいように、壁の上下に通気のための隙間を設けています。
また、浴室乾燥機も設置し、できるだけ乾燥を図れる工夫はしてます。

これで万全とは云えませんが、メンテナンスを軽減し、できるだけ長く、気持ちのいいお風呂を楽しんで頂けるような工夫は行っていますよ。



一般の方にはあまりピンとこなかったかもしれませんが、業界の方の感心を引いていたのはこちら。
ドア 杉柾建具
”自然素材にこだわりたい!”
という今回のお施主さん。

「でも、框の扉の中パネルや、物入の扉などは合板でも、、、」
これにもいい顔をしてくれません!
(一般的な集成材は私も好きではないし、、、、)

杉柾パネルそれならば、と提案したのが、杉の柾目板を縦方向に貼り合わせたパネル。

当初は、智頭の(株)サカモトさんが作っているものを予定していたのですが、値段が合わず、製材も行っている(株)タブチで材料を支給し、建具屋さんで張り合わせてもらいました。

(株)サカモトさんの、目の詰んだ智頭杉にはかないませんが、ここまで美作の杉オンリーと相なり、まあ、「美作木の家」らしくて良かったのではないでしょうか!

(最初、ご相談にのって頂いたサカモト様、申し訳ないです。今度予算たっぷりの現場(そんなのがあれば・・・)で使わせてもらいます<(_ _)> )


それにしても、この杉柾のパネルの好感度は高かったです!!
ある程度大判で作っておいて、カットして使うようにすれば安く、気軽に使えるんじゃあ・・・?
どこか、ローコストで常備して頂けないでしょうかねえ。(お願い!)



とにかく、見学会は終了。
当日、外で受付や駐車場の案内をしてくださった協力会社の皆様。
特に22日午後は雨になり、寒さも厳しい中、皆様のお陰で無事見学会を終える事ができました。
ありがとうございました m(_ _)m


今回の見学会で感じた事。
不景気風が吹き荒れている中でも、前向きにマイホームに向けて情報収集をされている方は大勢いる様です。
すまいについての正しい知識をもっと吸収し、少しでも、そんな皆様のお役に立てれるよう励みたいですね。


また、当日、もっとじっくりとお話を伺いたかった方々へも、中途半端なご対応しかできなかった様に思います。
慌ただしい中でのご対応とはいえ、失礼をお許しください。

今回の見学会でご興味をもたれた事等、もっと詳しいご説明をご希望でしたらぜひお気軽にご連絡ください。
お待ちしています。


********************************************************************************

追記
・二日間で44名の方が見学会のご感想などをアンケートにお寄せくださいました。ありがとうございました。
・ただ、「今後の見学会の情報などを『希望する』」にも関わらず、ご住所を書かれていない・・・!方が2名!!

・お心当たりの方は、ぜひご連絡ください。

・今週はずっと雨模様ですが、お天気が回復したら竣工写真を撮り、見学会にご来場くださった方々にお礼状をお送りさせて頂こうと思っています。
ご来場いただいたのに、いつまでたってもハガキの届かない方。ぜひ御連絡頂きたいです!
(ご希望のない方にはお礼状のみお送りさせて頂きます。決して、しつこい勧誘は致しませんのでご安心を。)

↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2009/02/23 12:59 ] オープンハウス | TB(0) | CM(0)

Y-HOUSE 見学会に向けて 

完成に向け、急ピッチで最後の工事に取りかかったY-HOUSE
最後の工事、木製建具の取付けです。

リビングの障子
リビングの南面は木製の引き込戸に合わせて、こちらも引き込みの紙障子にしています。
カーテンやブラインドは普通、別途工事としており、入居する前にそのための費用が必要なのですが、今回のように大きなところを障子で建具工事に含んでおけば、かなり費用が抑えられますね。
(もっとも、その分工事費は上がっているのですが・・・・)

2階障子   木製建具
2階の部屋の、吹抜けに面する部分にも障子が入ります。
木製のドアは全て引戸が標準。
自然素材を重視するお施主さんのために、今回は美作の杉を使ったパネルを採用しています。
柾目がきれいな上品な造りのドアに仕上がっています。

楽土袋 楽土施工1
アプローチから、横の駐車スペースの床は今回、真砂土の舗装材を使いました。
自然のままの土が理想なのですが、とてもここの場所の草取りまで手が回らない、、、、、、
車が走るにはちょっと強度不足ですが、雑草を押えた土仕上・・・・程度になれば、と思っています。

楽土施工2
均して水を撒くだけの簡単施工。
規模が小さければ自分でできそうな舗装ですね。


庭
荒れ放題だった庭も、日曜日毎にお施主さんが手入れをされ、最後にお施主さんのお父さんが庭師を手配されて立派な日本庭園に再生されました。
(さすがプロ! 現地にあった石をうまく組み合わせ、見事な庭に仕上げていました)


縁側
先日からお施主さんが悩まれていたのは、この縁側の床に塗る塗料。
内部の床は「小川耕太郎∞百合子社」の蜜蝋ワックスに決まったのですが、この縁側の床をどうするか・・・

できるだけ自然のままがいいというご希望なのですが、このままの色をずっと保つのは不可能な話。
かといって色をつけると、オスモカラーキシラデコールにしても、いずれは塗り替える必要があります。

さんざん迷った末に決定したのは、蜜蝋ワックスと同じメーカーの「小川耕太郎∞百合子社」が売り出している「ウッドロング・エコ」という塗料。
着色しない、木材の保護材のような塗料で、「木材防護保持剤」と、メーカーは呼んでいます。
今の色はいずれ色が抜けてシルバー・グレイにかわりますが、そうなっても木材を腐らせず、木材の風合いを保つとか。

これも私の好きな自然系の塗料(木材防護保持剤?)なので、使用感について、そのうちにご紹介したいと思います。

いよいよあさっては見学会。
皆様のご来場をお待ちしています。





↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2009/02/19 19:28 ] Y-HOUSE | TB(0) | CM(0)

住宅ローン減税・200年住宅 その3 

前回「その2」で「長期優良住宅先導的モデル事業での200年住宅」についてコメントしましたが、今回は、今年から税の優遇措置が受けられる「ローン減税の200年住宅」について解説してみます。

「その1」で使った減税内容の表をもう一度。
ローン減税改正表

表のように、200年住宅の場合は、平成23年の入居まで控除率が0.2%、最大控除額が100万円、一般の住宅よりもUPします。
200年住宅の場合、一般の住宅より2割程度の建設費のUPが試算されており、そのUP分を減税として補填しようってことですね。
(もっとも、私の普段の設計の住宅は、元々CASBEE(戸建)でも高評価を受けられる仕様になっており、建設コストのUPはそれほどはないと予想しています。ただ後述しますが、手続き上の面倒さ、申請費用などは結構かかるんじゃあないでしょうか?)

仕様についても、手続きについても、まだ正式な決定は行われていませんが、2009年2月現在で分かっている範囲では

200年住宅の基本条件には
1.構造躯体の耐久性・劣化対策
2.耐震性
3.可変性・バリアフリー・省エネ
4.維持保全の容易性・定期点検


が上げられており、

手続きとしては
これらの条件を満たした住宅を新築する者が、地方自治体に「長期優良住宅建築等計画」を申請し、国土交通相が定める基準を満たしていれば、「200年住宅」として認定され、申告時にこの認定書を添付することで、税制上の優遇措置などを受けられることになるようです。

ただ、後に書いていますが、認定基準の内容は住宅性能表示制度の認定基準をスライドさせた物が多く、地方自治体で審査するというわけにはいかないでしょう。
地方自治体への申請に先立って住宅性能表示制度に基づく性能評価を受け、その結果を添付して地方自治体に申請、という手順になると思われます。
(このへんが政府がうまく考えているところ、
「ローン減税」っていうエサで釣って、一向に進まない住宅性能表示制度と絡めることで、性能表示制度の普及にまで弾みをつけようって、、、、)


また、定期点検として、5年に1回程度の点検を課し、その記録を「住宅履歴書」として保存・管理することが義務づけられます。
(違反した場合は認定取り消しだそうです。中古住宅市場の活性化、、、らしいですね。
定期点検の費用は?・・・当然別途でしょう!)



200年住宅の仕様

1.適用範囲:新築住宅
(築200年の、200年もった実証済みの住宅には適用されません)

2.長期使用構造等とするための措置
(1)劣化対策
   ・数世代にわたり、構造躯体が使用できること。
   ・木造住宅では:劣化対策等級3(住宅性能表示制度)

(2)耐震性
   ・耐震等級(倒壊等防止)等級2の基準に適合すること(住宅性能表示制度)

(3)維持管理・更新の容易性
   ・維持管理対策等級(専用配管)等級3(住宅性能表示制度)

(4)可変性
   ・間取りの変更が可能な措置が講じられていること。

(5)バリアフリー性能
   ・将来のバリアフリー改修に対応できること。

(6)省エネルギー性能
   ・省エネルギー対策等級4(住宅性能表示制度)

3.維持保全の方法の基準
(1)定期的な点検等に関する計画が策定されていること。

(2)認定基準の具体的内容(下記部分の点検の項目及び予定時期を指定
   1) 基礎、土台、壁、柱等(構造耐力上主要な部分関係)
   2) 屋根、開口部等(雨水の浸入を防止する部分関係)
   3) 給水又は排水の配管設備(給水設備・排水設備関係)
(2008/12/27政府パブリックコメント「告示案の概要」より抜粋)

と、なっています。
性能表示制度に直リンクしているのがよくわかりますね!

長くなってしまいました。
こういった解説は読む方もくたびれますよね!
(写真もないし、、、、)

今日はこのへんにして、続きは次回(そのうちに)に
200年住宅のいいとこ、悪いとこ
ほんとにもつの?200年?
ぐらいで。

縁側に取りかかったY-HOUSE
(「ウッドデッキ」ではなく、今回は「縁側」と呼んでいます。・・・決して「和風」ではないのですが、、、、)
縁側

サイプレス
普段はウリン(アイアンウッド)やイペといった褐色の堅いデッキ材を使うことが多いのですが、今回の「縁側」には似合いそうにない、、、。
で、今回選んだデッキ材はこの「サイプレス」。豪州(オーストラリア)檜と呼ばれるデッキ材です。
節や板目が正に「ちょっと和風」のY-HOUSEにぴったりマッチングしました。

張っている最中にお施主さんと打合せがあり、見て頂きましたが、いい天気でもあり、「腰掛けると気持ち良さそう」と喜ばれました。
(ウリンやイペは日が当たっても冷たいのですが、このサイプレスは暖かくなり、本当、ひなたぼっこに最適!)

(  ^ ^)/~~~ お帰りはこちら!
    ―ブログ村の仲間たち―
    にほんブログ村 住まいブログへ

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
      大変だけど楽しそう<THE 日本人の家 築81年の廃屋を再生します!>
    にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
      細かい解説に脱帽<俺の家は高性能!>
    にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
      私の云うことがなくなってしまう!<精神的・身体的にやさしい住まいを経済的に建てる方法>

↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2009/02/13 14:14 ] 長期優良住宅 | TB(0) | CM(0)

Y-HOUSE -薪ストーブと自然素材の家-  完成見学会 

Y-HOUSE
-薪ストーブと自然素材の家-
完成見学会


設計 谷岡建築設計事務所
施工 株式会社  タブチ

日時 2009年 2月21日(土)、22日(日)
午前10:00~午後4:00
場所:岡山県真庭市


見学会広告
(見学会終了につき、広告のダウンロードは打ち切りました)


Y-HOUSE完成見学会の日程、正式決定です!!
22日(日)は、中国電力によるIHキッチンの体験会も予定していますので、お誘い合わせの上お越し下さい。
(同業者、施工会社の方も歓迎します。ご遠慮なくお越し下さい)

予定のお決まりの方は、事務所までメールまたはTEL・FAXを頂ければ、十分なご対応ができると思いますのでお願いします。

谷岡建築設計事務所
E-mail:ofc-tani@mx2.wt.tiki.ne.jp
TEL:0867-42-9301
FAX:0867-42-9302


 

見学会の日程も決まり、工事の方はいよいよ追い込み。
リビング
薪ストーブの炉台の大谷石も張り終え、シラスの左官壁も、ほぼ今日で仕上り。
仕上がったところから、電気や設備の機器の取付けも始まっています。

Y-HOUSEの仕上は
床:杉のフローリング(無垢板)
壁:シラスの左官壁(biocera
天井:モイス
と、調湿性能の高い自然素材ばかり。
梅雨時や、真夏の湿気の高い季節も快適に過ごせるんじゃあないかと期待しています。

その他
・もちろん、高断熱・高気密住宅
杉の面材を使ったオリジナルキッチン
二間の間口を全開放できる木製サッシ
・コンロのすぐ前で排気できるグリーンハイキ
・各所のカウンターに使った杉などの無垢板
ダッチウエストの薪ストーブ

など、見どころ満載!十分お楽しみ頂けると思いますよ!


北から



↓↓↓↓↓記事に合ったお知らせ 出てるかな?・・・↓↓↓↓↓











[ 2009/02/09 16:26 ] オープンハウス | TB(0) | CM(0)
ご挨拶

ofctani

Author:ofctani
谷岡建築設計事務所のお気軽ブログです。
設計事務所のハレの場のホームページに対し、こちらは舞台裏。
日々の設計作業の裏方をつれづれにご紹介しています。

お知らせ
ニュースレター
谷岡建築設計事務所のニュースレターを発行しています。
見学会のご案内、すまいづくりのノウハウを不定期(無料)でお知らせします。
ホームページの専用フォームからお申し込みください。


お勧め! [保存板] ページ
 手洗い鉢
 フローリングの塗装
 すまいのリフォーム
 断水・停電時のトイレ
人間を好きになる素敵な言葉

presented by 地球の名言

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
04  03  01  07  03  01  11  08  06  04  03  01  03  01  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
FC2カウンター

★★すまい専用★★
↓↓↓キーワード検索↓↓↓

カスタム検索


無垢のフローリング お勧め仕上材

小川耕太郎∞百合子社
未晒し蜜蝋ワックス




フローリングのメンテ用品ご紹介

簡単!水で薄めて雑巾掛け

オスモウォッシュ&ケアー




しつこい汚れには

オスモワックスクリーナー





お勧め手洗い鉢

ブログでも度々ご紹介している手洗い鉢
まだまだ色々な種類があります!





送料¥0が嬉しい!





楽天おすすめ情報







ピザにお勧め モッツアレラチーズ
グルメミート



津山・真庭・美作のニュース

津山市のことなら津山瓦版






(  ^ ^)/~~~       

お帰りはこちらから
(BLOG公式出口)

―ブログ村の仲間たち―

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。